自分の「好き」を見つけよう


自分が何が好きか分からない方へ

自分の好きなことが分からない、
という相談はよくいただきますね。

私自身も、ずっとそうだったので、
よく分かりますね。

でも、考えてみると不思議ですよね。

私たちは、ほとんど自分で色々と
選択して生きているはずなのに、
なぜ、好きなことが分からないのでしょうね?

私たちは毎日、選択して生きている

毎日、毎日、私たちは選択して生きていますよね。

今、カフェで何を飲むのか?

明日は、何時に起きるのか?

今日、どこに行って、誰と会って、何をするのか?

そんなたくさんの選択をし続けて生きているのに、
好きなことが分からないってどういうことなんですかね?(笑)

それは、
「〜であるべき」「〜でないといけない」
という視点で選択をしているから
ではないでしょうか?

考えてみれば、
自分が好きかどうかで選択できるといいですよね。

そうできない理由はね、

お金がないとか、
誰かの言うことを聞かないといけないとか、

まあまあ、いろいろ言いたくなりますね。

確かに、私もクライアントさんとセッションで
そういう思考になっているのを変えるために
小さい頃のトラウマをとるセッションもやります。

そういう風に、根本的な解決として
思考の癖をとる方法もあります。

ただ、まずは大げさに考えず、
自分でできる簡単な方法もあります。

好きなものが分からないのは、本当は嘘

自分の好きなものが分からないというのは、本当は嘘なんです。

例えば、
ランチで、ハンバーグとカレーがあったら、
どちらかを選ばないといけないとしますよね。

もし、ハンバーグを選んだとしたら、
それはハンバーグがカレーよりは今は好き、
ということ。

自分が何が好きか、
というのは、100点満点好きじゃないと
好きと言えない、

と思わなくて大丈夫です。

完璧主義の傾向が少し強いだけ。

そして、「好き」にフォーカスしていなかっただけの話です。

好きを増やすには、2つの選択肢から好きを選ぶ

好きを増やすには、まず、2つのものがあったとして
どちらが自分は好き?どっちがいい?
と自分に質問して、選ぶ。

そうやって、
「今は自分はこっちがいいんだな」
と好きにフォーカスしていていきます。

これを繰り返していくと

自分はコーヒーが好きだった、
自分は挨拶をしっかりしてくれる人が好きなんだ、
自分は晴れた日が好きなんだ、

と身近な好きに気づいていけるようになりますよ。

そうやって好きを集めていくと
本当にどうなりたいのか、

どうやって生きていきたいのか、
どんどん研ぎ澄まされていきますね。

好きだと思う人と、もっと一緒に時間を過ごせば、
もっと好きなことが発見できると思います。

身近な2つの選択から
「好き」にフォーカスを当てていってください。

私たちは、自分を喜ばせるために生まれてきた

私たちは何のために生まれてきたのかと言えば、
私は、自分を喜ばせるために生きてきたのだ
と思っています。

自分を喜ばせるということは、
自分の「好き」にたくさん気づいていくこと。

生きていく上で、一番大切にすると
いいんじゃないかな、くらいに思います。

能動的に自分の「好き」を見つけよう、

そうなると、いい感じになっていきますね。^^

————————-

「メンタルをコントロールして、制限のない人生を楽しむ」 をテーマに
メールマガジン(無料)をお届けしています。

ブログよりも先に最新記事をお届けします。
メルマガだけの限定記事もあり。
お気軽に。^^

>メルマガ登録はこちらから