怒りは第2感情。つまり偽物だからどんどん増えていってしまう


身近な人にイライラすることが多い、という方へ。

例えば、
身近な人が人として、
当たり前のルールを守ってくれない時、

自分の言うことをちゃんと守ってくれなくて、
バカにされていると感じる時、

私にばっかり頼みごとをしてきて
いいように使われていると思う時、

やってもやっても終わりが見えなくて
根本的な解決ができない時、、

そんなモヤモヤは、つまり、「怒り」ですよね。
腹が立ってばかりだと、本当に疲れますよね〜。

怒りは第2感情。つまり代理の感情

怒りってね、第2感情なんです。
つまり、代理の感情ということ。

偽物なので、怒りをたくさん感じても
なくなることはなくて、
どんどん膨らんでいってしまうんです。

そして、もっともっと怒りっぽくなっていきます。

そんなに怒らなくていい時にも
ちょっとしたきっかけで、
怒ってしまうようになってしまいます。

「なんで、嫌なことばかり起こるんだろう」

「なんで、全然うまくいかないんだろう」

そんな思考を強化していってしまうんですよね。

嫌ですね。

怒りが多い時は、その奥にある本物の感情を見つけよう

どうすればいいかと言えば、
第一感情を見つけて、それを感じ尽くせばいいんです。

「私は怒りの奥に、本当はどう感じているのだろう?」

と質問します。

怒りは、本物の第一感情、例えば、

「悲しさ」「寂しさ」「怖さ」などを隠して
代理をしていただけ、ということ。

その奥にあったこれからの本物のネガティブ感情を
ちゃんと感じ尽くせばいいだけです。

「私はちゃんと扱ってもらえなくて、とても悲しいんだね。」

「私は、孤独を感じて、寂しいんだね。」

「私は、どうしたらいいか分からなくて、怖いんだね。」

こんな感じて、つぶやいてみる。

できれば、思い切りこれらの感情を感じ尽くす。

涙も流せたら、流しちゃった方がいいですよ。

奥に隠れていた本物の感情をちゃんと感じたら、
それらは手放すことができますよ。

そうしたら、その出来事がちゃんと終わりになります。

怒りだけでは、終わりにできずに
どんどん膨らんでしまう、
ということを覚えておいてくださいね。

————————-

「メンタルをコントロールして、制限のない人生を楽しむ」 をテーマに
メールマガジン(無料)をお届けしています。

ブログよりも先に最新記事をお届けします。
メルマガだけの限定記事もあり。
お気軽に。^^

>メルマガ登録はこちらから