私のイライラ回避法


 

「まさこさんは、感情のコントロールの先生だから
イライラ、モヤモヤすることなんて、ないんですよね?」
と1ヶ月に1回くらい、聞かれます。

ドヤ顔でこう答えます。
「バリバリ、あります。」

人間ですからそりゃ、あります。

「だけど、
切り替える方法を知っているので、
イライラする時間が、
以前より格段に短くなっていると思います。

それから、イライラしないように先に
先行回避をしているので、
そうなる回数も格段に減っています。」
と答えます。

今日は、去年の母の日に
強くイライラしたことを思い出しました。

私は母のことを、愛情と憎しみを込めて、
ママゴンザレス
と呼んでいます。
(本人や家族の前では呼びません。)

ママゴンザレス
なんだか怪獣みたいじゃないですか?

母を怪獣の一種と思っていると
どんな不条理なおたけびをあげられても、
ああ、またなんか言っている、
と笑って許せるからです。(笑)

※ちなみに母の尊厳のために、
フォローしておくと、
母は仕事面では結構やり手だったりするので、
尊敬もしていますし、

お茶目な人だなと思っていますし、
今は、愛しています。本当です。

それでそのママゴンザレスから
去年の母の日の次の日に、
メールが来ました。

件名は
「信じられません」でした。

メールを開けてみると

「母の日に何もしてくれないなんて
信じらません。
母らしくないということでしょうか?
ひどいです。(かなり怒った顔絵文字)」

と書いてありました。

毎年、母の日は
何かしらプレゼントをしていたのですが、
昨年は、つい忘れてしまったのです。

しかし、「信じられない」
「母らしくないということ?」
という言葉に反応してしまい、

うわー、、ヤダーーー!!
とひどくイライラしてしまいました。

毎年プレゼントしていたし、

その他にHPもブログも作ってあげたり、

社交ダンスの集客も手伝っているし、

お母さんのせいで自己破産もしたし、

ブログ分からないというと片道3時間かけて
すぐに家に帰って教えてあげているし、

自分のつけているイヤリングが欲しいと言えば
その場であげるし、、

などなど、頭の中で
グルグルと言い分が出てきました。

イライラは続きます。

「いつもちゃんと親孝行してるのに、
たった1回忘れたくらいで、
信じられないとは何さーーー!

母らしくないかって!?
母らしくないに決まってる!
子供に大きな借金背負わせて
母らしくないでしょーー!」

イライラ爆発です。

今思うとそんなことで、、と思うんですけどね。

それで怒って母に電話をしました。
それらの思いをぶちまけました。

相変わらず、ママゴンザレスは、
「だって、だって、寂しいんだもん!
ひどいもん!お母さんをもうやめる!」

おたけび攻撃をしてきます。

「お母さんをやめる??
いやいや、勝手にお母さん、やめてくれ!」

親子です。こちらも負けません。

それから、電話を切ってから
そのメールを再度読んだら、
プププ・・・とつい笑ってしまいました。

ママゴンザレスの攻撃は相変わらず
すごいなーと思いました。

ただ寂しかっただけだろうし、
やってもらって当然、
と思っているところ、笑える~
お茶目ー、、と思いました。

今は、自分がイライラしないように
先行回避するために、母の日には
こちらからママゴンザレスに連絡します。

ということで、、

イライラ、モヤモヤしたら
溜めずに時間を決めて吐き出そう、

そして、
ちょっと面倒な人には
あだ名をつけちゃえ、という話です。

ついでに怪獣になったママゴンザレス
似顔絵も描いてみました。

背中に三角の角みたいなのが
縦にいくつかはえていて、

尻尾は長く、

目だけがパチパチしていて、
(73歳だけど、エクステしています。)

髪の毛は黒でロン毛、

お腹が大きく出ていて、

ふくらはぎは、異様に筋肉モリモリ、
(社交ダンスの先生だから筋肉モリモリです。)

という感じの怪獣です。

ママゴンザレス怪獣の似顔絵が案外うまく描けて、
この上ない達成感を感じて、
さらにスッキリです。

感情のコントロールは
面白くすることが、キーだと思います。

正面から勝負してはダメです。(笑)

ーーー

ブログの内容を一足早くメルマガでお届けしています。
また、メルマガではブログで公開できない内容も送ります。

登録は以下からできます。お気軽に。

→メルマガ「感情をコントロールする方法」