1日15分の心理学勉強メモ5/21


毎日1日15分、心理学に関する本を読むことにしています。

この記事は、その15分で学んだことの自分用メモです。

少し専門的な用語が入るかもですが、
感情のコントロール、心理学、より自分らしく自由に生きる方法に
興味がある方のみどうぞ♩

 

5/21

・いかなる脚本も変えることができる。
自分が持っている脚本に気づくことで、勝てる脚本に変えることができる。

・大人になってからも時に私たちは幼児期に決断した脚本の再演を行う。
幼児期であるかのように反応する。

・脚本に入りやすいのは、今、ここの状況がストレスフルのときと、
子供時代のストレスフルの状況に似ているとき。

・ストレスフルのとき、無意識に今の誰かを、過去の誰かと同一視している。
例えば、罵声する上司を子供の頃の父親にしてしまうことなどがある。
これを(フロイト派によると)「感情移転」と言う。
また、「誰かの顔を貼り付けている」と言う。

・小さい頃の人生脚本に戻ってしまうことを、「輪ゴム」で引っ張れて戻った、という言う。
ゴールは、輪ゴムを切り離すことにある。

(「TA TODAY」より)