行動したいのにできない時の魔法の質問


こうなりたいなーと思う夢や目標に対して
行動したいのに行動できない時ってありますよね。

「どうしたら行動できますか?」
これがクライアントさんに質問いただく中でも1番多い質問かもですね。

 

答えは1つではないです。

その方に合わせたフィードバックをさせていただきます。

 

が、結構どなたにでもあてはまる答えがあるので
今回はそれを紹介したいと思います。

 

行動できるようになる魔法の質問です。

 

行動したいのにできないとき

 

例えば、

 

ブログを書きたいのに書けない、

早起きしたいのにできない、

勉強したいのにできない、

体験セッション受けませんかとオファーしたいのにできない、

告白したいのにできない、

痩せたいのに、痩せれない

いっぱいありますよね。

 

 

それで、行動できない時、人は普通

頭の中でこういう質問を自分にするんですよね。

 

「なぜ、できないんだろう?」

これだと、できない理由をどんどん生み出してしまうから、

できないことを強化していますよね。

 

これを「できない強化」と言います。

 

そして、質問を変えましょうねー、

ポジティブな方の質問にしましょうねー、

 

というと次に多いのが

「どうしたらできるだろうか?」

という質問。

 

この質問は悪くないですね。

できない強化の質問より、、だいぶ、良い感じです。

 

自分以外の人に何かを行動してもらう時には
有効です。

 

だけど、自分に対してなら、

この「どうしたらできるだろうか?」

という質問を飛ばして、次に行っちゃうといいですよ。

 

 

 

飛ばすとは、例えば、こういう質問するんです。

 

「さて、いつやろうか?」

 

 

できる、できないかの話をしていると、
「できなそうだなー」と脳が勝手に新しい行動を止めようとするんです。

 

 

だから、できるできないという思考を飛ばして、

「いつやるか?」と

やる前提にしてしまうわけです。

 

 

やる前提で、いつやる?どこでやる?

 

と自分に質問してしまうと、いつやるかと考えるので
できる、できない、という話にならないので早いですよ。

 

 

こんな感じで、どんどん必要のない質問、対話、ダメ出しを

三段跳びで飛ばしていきましょう。

 

これで行動できるようになる人、とても多いです。

 

 

行動できるようになる魔法の質問はこれです。

 

「さて、いつやろうか?」