【本レビュー】人生の勝負は、朝で決まる〜「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣〜 千田琢哉


人生の勝負は、朝で決まる
〜「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣〜
千田琢哉

最近は、起きる時間と寝る時間がバラバラになっていて、生産性があまり良くないと感じたので、この本を手に取りました。

千田さんの強い「言葉」選びが大好きで、新刊が出るたびに読んでいます。
エネルギー補給したいなと思う時にいつも読ませていただいています。

 

朝早く起きることで、人生が好転する
と言うことは頭では理解していますが、すぐに忘れてしまうので、この本で本気で
朝早く起きることについて、向き合いました。

 

 

「人生の勝負は、朝で決まる。」印象に残った9つのフレーズ

特に印象に残ったフレーズをシェアさせてもらいます。

 

 

# 1今、あなたが幸せな人生を送っているか、不幸な人生を送っているかが一発でわかる方法がある。
今朝の目覚めを思い出せばいいのだ。

これを読み、ドキッとしたでしょうか?
もしくは、そりゃそうだ、と思ったでしょうか?

 

 

私は、ドキッとしました。

今日は、お昼12時ごろに起きてしまい、
「こんなに寝てしまって、もったいない」と感じ、目覚めがあまり良くなかったからです。
好きな仕事をしているはずなのに、正直、ライフスタイルはまだまだ理想にはたどり着いてはいません。

 

・朝早く起きて、朝日とともにヨガをしたい。

・午前中は自分のブログ・メルマガなど執筆活動と読書にあてたい。

・より短時間で、成果をあげるセッションをするために振り返りの時間をしっかり持ちたい。

・仕事だけじゃなくて、余計な持ち物を断捨離したい。

・家族のための掃除、ご飯ももっと丁寧にやって、気持ちが良いクリーンな部屋と体を保ちたい。

そんなことが頭をよぎります。

後悔とか罪悪感もあるけれど、
成長できることがたくさんあることにワクワク、の方が若干強いですかね。
これらのライフスタイルを1つずつ確実なものにしていくために、
朝の時間がきっととても大切なのだと思うのです。

 

#2 早起きこそが成功の秘訣なら、
新聞配達の人たちは 全員大富豪になっている。

少し立ち読みしたとき、この文章を読んで、これ買おう!と決めました。

中には、新聞配達の人でも本当に大富豪になった人もいるかもしれないですが、
その比率が他の職業に比べて突出して高いという話は聞いたことがありません。

 

早起きすれば成功できるのではない。
自然に早起きしてしまうほど、大好きことに没頭すれば成功しやすいのだ、ということ。

 

自分の好きなことがなんなのか、それを向き合えと、いきなり本質的なことを直球で伝えてくれます。
私の場合は「ライフコーチ」という仕事が好きです。

それで、早起きすれば、はい幸せー、ということでなく、

この仕事をどう楽しむのか、どう自分や周りの人と生きていくのか、ということを真剣に考えろと問われているのだと思いました。
そして、その中で大切なことを朝にやるといいよ、ということを教えてくれているのだと思います。
単純に朝は縁起がいいよ、頭の回転がいいよ、という話ではありません。
エネルギーが高い「朝」という時間に、最も大切なことを真剣に考えろ。
そして、優先度を上げてそれを取り組め。
自分の人生を主体的に生きろ。

 

このような意図を強く淡々と短い言葉で、伝えてくれます。
「自然に早起きしてしまうほど、大好きことに没頭すれば成功しやすいのだ。」
の『自然に』がまたポイントです。
「やっぱり自分の好きなことをやって生きなければならない。」
と言い切ってくれます。

 

「好きなことをやって生きる」ことの考えは、
好きなことをやろう、いや、好きなことをやればいいってもんじゃない、とか、意見が分かれることがありますね。

 

でも私は
「やっぱり自分の好きなことをやって生きなければならない。」
に強く共感します。

 

そうそう、好きなことをやって生きなければいけないです。
まず、自分を幸せにしないといけないから。

 

 

# 3ちゃんと眠くなるように、
起きている間によく考えてよく動く。

言われてみれば、当たり前です。

私は、多分、よく考えているけれど、よく動いていないなと改めて思いました。
週1のランニングでは、まだまだ運動不足です。

運動をしなければ、ちゃんと良い睡眠が取れないし、朝のゴールデンタイムに好きなことをできないです。

これは、人生をとても勿体無い状態で消化してしまっているのだと思いました。
自分の好きなことを、一番深く感じることができる朝という時間にやらないのは勿体無いです。

今日もこの内容をシェアしたら、すぐに走りに行ってきます!笑

 

 

# 4それくらい、朝には
地球上全てのエネルギーが満ちている。

グッとくる好きなフレーズです。

朝には、地球上のすべてのエネルギーが満ちている。

地球上のエネルギーの力を借りるに越したことないです。

地球上のエネルギーと繋がるに越したことないです。

 

 

# 5徹夜は自己満足のため。
朝勉は自己実現のため。

 
徹夜だけでなく、不要に時間を費やして頑張っても、その努力が報われることはほとんどない。

もし報われたとしても、その後が続かない。
私の場合もそうだと思いました。
 

長く集中して仕事をした場合、
クライアントさんにその場は満足してもらったり、
自分でもその日は頑張ったなと自己満足します。

 

だけど、振り返ってみれば、その後3日間くらいは疲れが残っています。
 

元のペースに戻るのに3日は生産性が良くないです。
「何をやるのか」だけでなく、
「いつ、やるのか」というのがとても大事なんですね。

 

「自分は、本当にどうなりたいのか?」

 

この答えとして、「時間の使い方」を考え出すと、
睡眠、
健康、
1回のセッション時間、
クライアントさんへのサポート対応方法、
食事、
プラベイベートの時間、

全ての項目が関連しあっています。

 

一番大切なことを「朝一」に持ってくるために、
他の1日の時間を調整する。
そうすることで、もっと先に行けるのです。

 

はかりしれないほどの成長パターンに入るのです。

 

#6 深夜のキスは性欲。
朝のキスは愛。

 

今回は、主に「仕事」や「自分の好きなこと」に関するフレーズを中心にシェアさせてもらいました。
他にも、恋愛、人間関係、人生の勝負、という項目もあります。

これは、恋愛の中の好きなフレーズです。

朝にキスしたいですw。

 
 

#7朝日を浴びながら
ストレッチする習慣は
全身の細胞を活性化させる。

人は財力も地位も獲得すると、最後には不老不死を求めるようになります。

成功している経営者が、もう何十年も続けている人の共通点は
たいていは10分以内、最長でも30分程度で終了するくらいのお手軽なストレッチ、とのこと。
朝日を浴びながら
軽いヨガを続けることができたとしたら・・・

それは、全身の細胞を活性化させますね。

 

それが、結果何をもたらすのか、
何を意味するのか、

を妄想すると、もう朝日を浴びずにはいられなくなります。

 

#8今日も朝、目が覚めたことに感謝する。

 

朝、目が覚めたことに感謝をできたとしたら、
美しい人生の始まりだと思いませんか?

 

 

 

# 9人生のおまけとして睡眠があるのではなく、 睡眠こそが人生の中心だと考えてみてほしい。
自分“ならでは”の清々しい目覚めを実現できてこそ、幸せな人生を送ることができるのだ。はじめに目覚めありき、なのだ。

 

彼は他の著書でも、ブレず、睡眠こそが人生の中心だと言っています。

良い睡眠があってこそ、やりたことが心底できると、自分の力を発揮できるし、
健康だからこそ、幸せや感謝を深く感じることができると。

 

 

 

まとめ

私は、まだ睡眠を甘く見ていました。

適当に考えていたのだと思い知らされました。

 

好きなことをやる人生だけでもだめで、早起きするだけでもだめなんです。

 

主体的に、自分の一番大切なこと、好きなことを朝やる。

 

 

そうできるために、他の時間は何をするかを考え、実行する。
一番、自然のエネルギーが高い時間に、一番好きなことをやるから
より成長や感謝を感じることができる。

 

それが幸せに増やしていくことことだと思います。
素晴らしい本です。
ありがとうございました。

 

 

 

人生の勝負は、朝で決まる
〜「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣〜
千田琢哉